Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC01276.jpg DSC01277.jpg

カウントダウンパーティーはどこもにぎやかでいいですね。
去年はプールデッキでやったので、今回もてっきりそうかと思っていたら、まさかのシアター。
プールデッキよりこっちのほうが人数収容できるということなのかなぁ。
壇上でライブパフォーマンス、ダンス→乾杯!って流れ。HALのイメージはもっと大人しい感じだったんですが、セレブリティに負けないディスコっぷり。若者や家族連れが多いからかなー。

P1010429.jpg

部屋に戻ったらテレビ画面もニューイヤー仕様に!
でも、なんで馬??日本の干支とかぶったのはたまたまでしょうか。
そんなわけで、新しい1年が始まりました。
今年は帰国して年始早々忙しくなる見込みですが、果たしてクルーズに出かけられるのでしょうか。
DSC00930.jpg

5日目はいよいよ西カリブ海へ移動して、ホンジュラスのロアタン島へ。
ホンジュラスってどこやねーんって、地理的にあまりはっきりとしていなかったのですが、中央アメリカに分類されるんですね。
まあ、治安はグアテマラやニカラグアがお隣にあるってことでお察し。
一応、外務省の海外安全HPでは「渡航の是非を検討してください」レベルです。
ただし、ロアタン島はクルーズ船誘致のために作った港があるくらい観光地化されているので、それほど治安が悪いとは思えませんでした。しかしやはり港のセキュリティーを通り過ぎると雰囲気が一変。

まず、タクシーの客引きがしつこい。私たちは元々マホガニーベイに行くつもりだったのですが、とんでもない方向音痴を発揮してセキュリティーを突破し、反対側の山の上のハイウェイまで往復1時間かけて歩いたのですが、その間ずっと子供の黒人が一生懸命英語で話しかけてくる。
ちょっと可哀想かなと思いましたが、流しのタクシー拾えるほど度胸もないので延々無視。
最終的に、おそらく「道間違ってるよ」的な親切な話もしていたと思うのですが、関わってヘタに大人が出てこられても困るので、無視し続けました。

DSC01031.jpg

で、無事マホガニーベイへ到着。
ここは、なんというか、まあ、カリブ海なんだけれども、日本の海を彷彿とさせるようなそんな感じです。
つまり、完全に海水浴場。
海も青というよりは緑なので、なんというか・・・まあ、水はとてもきれいなんですけれどね。
クルーズ船向けのプライベートビーチだから仕方がないんだろうけれど、ハーフムーン・ケイやカーコス諸島の海をイメージしていたらびっくりすると思う。

そして、この日は晴天中の晴天!もうこれでもかってくらいに日差しが強かった。
ラッシュガードと日焼け止め塗っておまけに手袋までしていたのに前身が焼けていました。恐ろしい。
でも、水は温かかったし、カバナをレンタルしてのんびりできたし、懐かしい感じの海をアメリカ的に楽しむことができました。
ちなみに、簡易カバナのお値段は23ドル。でも、これなかったら日本人は熱中症で倒れていると思う。

DSC01039.jpg

これがその簡易カバナ(なんとかシェルって言ってた)です。まあ、日よけですね。
日差しの方向とか一切考慮せずに並べられているので、日影つくる場合は入口に暖簾みたいにタオル垂らしておくと、タオルも乾いて一石二鳥です。
あと、忘れちゃいけないのは水!私たちは現地で購入するかーと手ぶらで出かけたら、19ドルくらいのぼったくり価格のボトルしか置いてなかったからわざわざ船まで戻って購入しました。
あと、出かける時間帯も気を付けてください。12時前後はまさに地獄。
晴天の場合は、ホントに熱中症でぶっ倒れます。

DSC00917.jpg

船のターミナルとビーチは徒歩10分くらいですが、写真に写っているフライングチェアーというスキー場のリフトみたいな乗り物でも移動できます。
ただ、個人的にはこれにお金かけるよりも歩いてネイチャーウォーキングしてる方がいいと思います。
また、カラマランのエクスカーションはビーチ横の桟橋が発着場みたいでした。

DSC00937.jpg

ロアタンでは、カリビアンプリンセスとランデブーだったのですが、そろそろプリンセスにも乗ってみようかな~と思う今日この頃。
でも、帰国してゴールデンタイムにがんがんCM流しているのを見ると、完全に日本人にターゲット絞ってきたなーと何とも言えない気持ちになりました。
まあ、そのうち親連れて日本発着のクルーズに参加しようとは思うんですが。
DSC00735.jpg


前日、前々日とあまり天気がよくなかったので期待はできなかったのですが、案の定当日も天気は曇りのち雨。
船内新聞ではSUNNYだったんだけどね!!

しかも、結構激しい雨が降りました。
グランドケイマンといえば、銀行とダイビンクのメッカで有名ですが、天気が悪いのでスノーケルは無理だなぁと諦めてとりあえず有名なセブンマイルビーチのエクスカーションに参加。
ちなみに、ここでも、前日に続きテンダーボードに乗って上陸。

DSC00703.jpg

・・・まあ、晴れてたら綺麗だったと思いますよ。
けれど!!雨だから!!どんなに虹がきれいでも、雨だから!!
うーん、残念。
これだと、マンタと触れ合ってた方がよかったのかなぁと思いました。マンタなら天気が悪くても写真撮れるだろうし。
でも、まあカリブ海また来ることがあれば、グランドケイマンはメジャーな島だし、また来ることもあるでしょう。
ちなみに、ここのビーチでもスノーケルはできます。クルーズカード見せたら、10ドルでレンタルできました。

PC300272.jpg

2時間フリータイムがあって、雨で何もできないので仕方なく海に潜ったら、結構たくさんのお魚がいました。
晴れてたら、もっと見えたかもしれませんが。

はじめは温かった海も、雨でだんだん冷えてきて帰る頃にはぶるぶる震えるくらい寒かったw
海で遭難した時はこうやって体温奪われるんだーと相方と話しながら、貴重な体験ができました。
でも、まだこうやって遊んでいる人はよかったんだけれど、日光浴とか目的に来たひとはずっと軒下でアルコール煽っていて結構悲惨だった。
まあ、次回に期待ってことで。

ちなみに、ビーチから港へ戻ってくる頃には天気は回復した模様。
ちくしょーーー!

P1020586.jpg

クルーズも慣れてくると、終日航海日は本当に何もせずぼーーーとした時間を過ごすことができるようになってきます。
※初めの頃は時間がもったいなくて、とにかく何かしないとという気持ちで色んなイベントに参加しました。
特に、今回は時差ボケがきつかったのと、本当に、本当に日本語で案内されることがまったくなくて、リドかスパか部屋にいるってことが非常に多かったです。
スパはハイドロプールとサーマルスパとひとおおり揃っています。ただし、昔の船でそれほどスペースが広くないため、混雑すると芋洗い状態でした。
あと、ユーロダムにはなかったかと思うのですが、有料のスパスペースではないところにもフィンランド式のあっついサウナがありました。

DSC01540_20140119001216649.jpg

リドのお昼のアジアンフードコーナーにてミソスープを発見したので注文。
・・・・ミソスープ??
味噌味ではなくて、魚の出汁のような。湯量を間違ったインスタントの味噌汁のような感じでした。
あと、お昼にはいちおう寿司も出ていました。
がっちがちに握りしめてご飯のつぶれた巻き寿司でしたがw


HALは年々東南アジア系のクルーが増えてきて、今回は一部の幹部を除いてすべて東南アジア系のクルーでした。(キャプテンがそんなアナウンスをしていました。)
フィリピンやタイのクルーは親切で日本語でよく声をかけてくれるので、個人的にはとても嬉しいのですが、今回は何故かシャイな方が多かった。
いや、シャイというか、・・・・まあ、シャイなんだろう。
何故か、通り過ぎざまに「コンニチハ」とか、絶対に目を合わせてくれないとか、小声すぎてまったく聞き取れないとか。
ひょっとして、自分たちのことをチャイニーズと勘違いしているんだろうかと日本語で話しかけてみたり、フォーマルデーに和服着たりしましたが、最後までシャイでしたw

フォーマルといえば、終日航海日はもれなくフォーマルデーです。
でも、去年と同じつもりで、今回も航海中3回(終日航海+ニューイヤー+1)はフォーマルになるだろうとイブニングドレスと和服2着持ち込んだら、実は2回のみで大失敗してしまいました。
着物がめちゃくちゃ重くて普段着結構減らしたのに・・・。
なかなかうまくいかないですね。
そして、やはりヨーロッパ系のご夫人にはすこぶる受けがよかった和服。
いつもどおりアトリウムでカメラマンに記念撮影お願いしていたら、「オーマイゴーー!!私とも撮って!!」と大層喜んでもらえました。よかった。

DSC00370.jpg

今回3度目のカリブ海へ来た理由はここに来たかったから!!
前回、あまりにもいい思い出になりすぎてちょっとガッカリしたらどうしようって残念な期待もしていたのですが、今回も完全に裏切られました。
ハーフムーン・ケイ最高!!

DSC00446.jpg DSC00343_20140119000730ffc.jpg

ただ、今回は到着時にシャワー→曇り→晴れと天気が気まぐれだったので、なかなかいい写真を撮ることはできませんでしたが、とにかく海の美しさでは群を抜いていました。
それでもって、今回も海乗馬のエクスカーションを予約w
前回の失敗に学んで、防水コンデジ持参して乗馬中にガシガシ写真を撮りまくっていた相方。
写真に夢中でインストラクターから「写真はいいからさっさと馬を動かせ!」って何度も檄が飛んでいましたww
でも、おかげさまで、いっぱい写真撮れて大満足。
あ~~また行きたいなぁ~~!今度は朝から天気がいい時に!

でも、天気が悪かったおかげで前の時ほど日焼けしなくて、後日日焼けで苦しみもがくってことはなかったです。
カリブと言わずハワイでもどこでもそうですが、日本と違って湿度が低い国で日焼けすると、本当に大やけどして大変な目に遭いますので、くれぐれも日焼け止めとその後の保湿に注意してください。
何もせずに日焼け→スパ※を繰り返していると、肌がぼろぼろになります。
(※塩素が非常に多いので。)

DSC00365.jpg

お昼は前と同じくバーベキューです。
肉、野菜、サラダ、デザートとメニューは一通りそろっています。ただ、前回の方が肉は美味しかったです。

ちなみに、いつから変わったのか分かりませんが、たしか前回ユーロダムに乗った時はタオルの貸し出しと水の販売をギャングウェイの近くでやっていたのですが、今回はなし。
おかげで、水の購入はレストランかバーでしなくてはいけませんでした。(ちょっと面倒)
あと、前日時差でノックダウンされて部屋のターンダウンお願いできなかったせいで、タオルをどこで入手すればいいのか分からず、結局タオルなしで出かけました。
ちなみに、タオルは夜のベッドメイキングの際に部屋に届けられます。

さて、次の日は終日航海、明後日はイギリス領グランドケイマンです。
初グランドケイマンってことで興奮しましたが、とにかく今回は時差ボケがひどかったので、毎日爆睡できましたw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。