Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

昨日は花火大会があったので、近くまで行ったついでに鑑賞してきました。
もう少し海の近くだともっときれいに見えたのだけれど、人ごみと熱気に圧倒されてとてもじゃないけれど観覧席まで突撃する気にはならなかったです。
少し離れた場所からでしたが、涼しい場所からきれいに見られてよかったです。
今年は浴衣を新調したので、ついでにクルーズにも持っていこうと思います。

さて、クルーズといえば今週出発となるのですが、カジュアル船ということで荷詰めもずいぶんと手抜きになってしまいました。
とりあえず、必要最低限だけ準備してあとは現地ででも調達できれば・・・。
北欧は初めてなので、ガイドブックとか色々悩んだのですが、定番のるるぶ持っていこうかな。
また戻ってきたら乗船記書いてみます。
昼はまだまだ暑いけれど、朝夕はずいぶんと涼しくなりました。
さて、そんなこんなで9月も半ばに入りましたが、ちょっと夏の疲れがでてきたようで、肌の調子は悪いし風邪ひきやすくなったしちょっと注意が必要です。
そんななか、そろそろ年末の予定もいいかげん確定しなくちゃいけなくなりまして、この連休中悩みに悩んでおります。
と、いうのも、今年もカリブ海へ行くことは決まっているのですが、どの船にしようか決まっていないのです。
いまのところ予約入れているのは、今年10月に初お目見えするセレブリティ・リフレクション
コスタルミノーザのときもそうでしたが、新造船っていうのはピカピカで船に乗ってるだけでも幸せなのです。
ただし、このコースが東カリブ海で去年とまるっきり同じ。ほんと、まるっきり・・・。
あと、船を遊びつくすのにはいいのですが、終日航海が3日もあるので旅行というより「休暇」になる。
さあ、船をとるか「旅」をとるか・・・。
もう少ししたら、おそらく処女航海に乗船した方々の声も聞けるでしょうが、それまでにキャンセル期日がきてしまいます。うーん・・・。

そして、次の候補がHALのユーロダム
「またかよ!」ってツッコミ入りそうなんですが・・・。
ええ、去年春冬と乗船したあのユーロダムです。どんだけ好きなんだよっていわれそうですが。
もう目つむってても船内わかるわ。料理の味覚えてるわ。
ただ、こちらは西カリブ海クルーズなので、コズメルやメキシコ沖など行ったことがない場所も訪れることができる。
これはとても魅力的。

そして、最後の候補がプリンセスクルーズのカリビアンプリンセス
これは南カリブ海クルーズというとても魅力的なコースなので、とても興味があるのですが、なんせ、船が古い。
たしか就航が2004年なので、もう10年経っていることになりますよね。
しかも、改装したのは大型スクリーンとかそんなのだったので室内はさわっていないはず。
と、いうことはスプレンダーみたいな感じで古い建具にがっかりするんじゃないだろうか。

と、まあ悩みどころが満載なのです。
それぞれ同じ日に出港して下船するのでもうどれ選ぶかは好き好きなんですが・・・。
ただ、HALとプリンセスは直前のフラッシュレート狙いができる可能性がありますが、セレブリティは基本ないと思われるので、いったんキャンセルした後のデメリットが大きいのが困ります。
さて、どうしたものか。。
そろそろ夏休みも後半に入り、ブンブブブ!!と暴走バイクが町内を走り回っている今日この頃。
煩いのもあるけれど、あれやられると窓をあけているとゴムの焼けた臭いがはいってくるんだよね・・・。
そもそも老人しかいない町中でなんのアピールがしたいのか・・・。
いろいろと謎の多い奇妙な行動について彼らが布団かぶってバタバタするのはいつの日でしょうか。

さて、夏といえばまたひとつ年を重ねました。
すでにいくつになったかも定かではないのですが、確実に体力は衰えつつあるようです。
だって、一日歩き回っただけで筋肉痛が。。。
筋肉痛といえば、先週一階のトイレが故障してその修理で大変でした。
3年目にも入ると、色々と不具合も出てきて、たとえばドアのネジが折れたり、クロスがはがれてきたり、建具が歪み始めたり・・・。
トイレは水が止まらなくなってしまったのですが、業者呼んでしまうと高額請求されるので、止水栓いじったり浮き輪やタップ調整したりしてなんとか元に戻しました。
ただ、パッキンの経年劣化だとそのうちまたおかしくなってしまうんだろうけれど。
まあ、わかったのは、トイレはタンクレスやカウンター付きのものではなく昔ながらの型が一番だということと、トイレは広めにつくっておいたほうがいいということでした。
学生さんは夏休みに入り、お盆も目の前です。
夏バテに気をつけたいところですが、私は今年も熱中症にかかってしまいました。
気をつけてもなってしまうってどうしたらいいのでしょうかね。

さて、ブログを放置していたので広告を張られてしまいました。
別にかまいませんけれどね。迷惑なコメントが付けられる以外は。
特に記事とかないんですが、書かないとまた張られてしまうので、ちょっと最近思うことなどを。

世間ではオリンピックがちょっと話題になっていますが、日本経済的になんか効果でてるの?っていうと、今回のオリンピックは微妙らしい。
まあ、金メダルがすべてとは言いませんが、やっぱり世界一にならなきゃ。
どっかの元キャンペンガールさんは言い放っていましたが、世界で二番じゃだめなんだと思いますよ?
いい意味で考えるなら、銀メダル(世界で二番目)は挑戦者ってところになるんでしょうがね。
そんなわけで、まだまだこれから試合が残っている選手には頑張ってほしいなぁと応援しています。
そして、銀メダル、銅メダルだった選手たちは挑戦者になってほしいなと思います。
海外旅行好きの皆さんはだいたいお分かりいただけるかなぁと思いますが、日本のトイレは世界一です。
海外では無料で安全で清潔なトイレってなかなかお目にかかれない。
だいたい、「えぇ!?これ使えるの?」ってな具合だったり、「これは座ると病気なる・・・。」と、げんなりしてしまうシーンが多いのですが。

これまでの旅行で困ったシーンNO.1は、やっぱりトイレ探し。
まず、公衆トイレがない。あっても、「せまい、汚い、鍵がかからない(もしくは壊れる)」は当たり前。

1.ある旅行・・・・イタリアにて。
クルーズでチビタベッキア→ローマ間の移動はだいたいがバスなのですが、その際につかうPAのトイレはとにかく狭い!便座に座ると膝がドアにぶち当たるんですが。

2.ある旅行・・・スペインにて。
鍵をかけて便座へ腰かけると・・・、ガチャリ!→「Sorry!」鍵の意味ないんですけど。
あと、イタリアもそうですが、これまでの経験でほぼトイレに閉じ込められる

3.ある旅行・・・チュニジアにて。
博物館のトイレで無料かな?と思って入ってみると、おそうじの「おばさん」が無料って言う。
で、トイレから出てきたら「おじさん」がいてびっくり。女性トイレです。
にっこり笑って出て行こうとすると、「KEEP CLEAN!」って。要するに掃除するから金出せってことなんですよね。でも、なんでおじさんが。。。

4.ある旅行・・・トルコにて。
アラブ文化では日本とは違うウッシュレットがメジャーなようで、だいたいのトイレにはホースがある。
何をするって、紙で拭くのではなくてそのホースで洗うんですよ。なので、床は水浸し。
一度、隣の個室の水が降ってきた時は何事かと思いました。あれ、意外と水圧高いので注意。
ちなみに、場所によっちゃ紙をゴミ箱に捨ててトイレに流してはいけないところがあるので、流してしまうとトイレが詰まってえらい目に遭います。

他にも挙げるとキリがありませんが、まあ舐めちゃいけません。
別に潔癖でもなんでもありませんが、ほんと、トイレに関しては日本一拓。
最近は海外のホテルのお風呂とか洗面も怖くて使えなくなってしまって重症だなーと思います。