Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
グレーシャーベイとは、アメリカの国立公園で、いわゆるインサイドパッセージのメインはこの一帯をさしているといってもいいのではないでしょうか。
航路は、半日かけて湾内をゆっくりまわるとイメージしてもらえればよいかと思います。
まず、湾内に入ってすぐがクマゾーンらしく、クマの姿が比較的見られやすいようです。
次に、クジラやシャチ、アザラシが多くみられるエリアに入ります。

DSC09821_20150525002333b95.jpg

このあたりは、本当にクジラをよく見かけました。ただ、気まぐれに現れるので、写真撮りたければベランダに張り付いていなきゃいけません(笑
なお、帰りの出口付近はよくラッコを見かけました。

DSC00292.jpg DSC00236.jpg

湾の最奥に近づくと氷塊が増えてきて、最終的には最北のマージェリー氷河でUターンします。
グレーシャーベイにはいくつかの氷河がありますが、有名どころはマージェリー氷河、あとはランプルー氷河、ジョン・ホプキンス氷河などでしょうか。

DSC00432.jpg DSC00589.jpg

今回は、マージェリー氷河はBOW、ランプルー氷河はキャビン、ジョン・ホプキンス氷河は最上階でと色々移動しながらじっくりと楽しみました。
ただ、流石に外に出っぱなしというのは寒いです。服装は時期によると思いますが、少なくともハードシェルの下にソフトシェルもしくはフリースは着こんでいたほうがよいです。
私は、ノースフェイスのオールシーズン用のハードシェルの下にユニクロのフリースパーカー、その下に長袖のTシャツとヒートテックの下着を着こんでいました。これで寒さについてはよほど風が強くないかぎり問題ありませんでした。
なお、ボトムは裏起毛のスラックスの下にヒートテックのタイツでOK。お尻が冷える場合は毛糸のパンツか腹巻してると十分かとおもいます。

ベランダキャビンの人はキャビンから外が見えるので便利ですが、内側だったりする方は、とりあえずBOW、もしくは避難訓練用のデッキにいれば海面近いのでアザラシやラッコが見えやすいと思います。クジラのような大きな生き物発見するには屋上の方が見晴らしがいいので見つけやすいと思いますが。
また、氷河に関してはBOWが特等席(マージェリー氷河では5F、6Fの先端についても開放していました。)ですが、ランプルー氷河は右舷のキャビンのほうが真正面にとらえる時間が長いです。
なお、本格的な写真を撮る方は、解放直後に行かなければ人が押し寄せてくるのでなかなかスペースとれないと思いますのでご注意を。

DSC00707.jpg DSC00226.jpg
DSC00197.jpg DSC00802.jpg
DSC00775.jpg DSC09842.jpg

今回撮れた動物たち。
クジラはブローやフルークダウンしている姿は結構見かけるんですが、ブリーチングはよっぽど運がよくなければ見えないと思います。
なお、アザラシは氷河が近くなると結構見負けます。トドは岩場にばったり張り付いているので珍しくはないかと。あと、ラッコは結構船の近くでぷかぷかしています。
私は個人的に1番見たかったのはシャチだったんですが、シャチの背びれが見れたのは1回だけ。
もっと高機能の双眼鏡を持っていけば見えていたのかもしれませんが、2倍のオペラグラスではこれが限界でした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/788-99c43fce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。