Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC05402.jpg

今回で2度目のカタコロン入港です。
前回はオリンピア遺跡に行って夏は無理だと確信したのと、今回は遺跡よりビーチに行きたかったこともあり、コーロータスビーチ(Kouroutas Beach)までのシャトルバスに申し込みしました。
ここはカタコロンでは有名なビーチらしく、ビーチ施設は充実していました。
と、いっても海水浴場化しているので、純粋にビーチの美しさという点では及打点といったところ。
水に入るというよりは、青い海を眺めている分には素敵な場所です。

DSC05344.jpg

とりあえず、海に入りましたが長時間使っているとやはり体が冷える。
あと、海水浴場なので魚は見かけませんでした。
カリブ海といっしょにしちゃいけませんねw
砂はまあ、普通の茶色い砂です。それほど細かい砂ではないので、足についても払えば落ちてくれます。
海の家もといビーチバーもあるので、アルコールや軽食つまみつつ海を眺めているのもいいかもしれません。

そういえば、この日もちょっとしたトラブルが。
このエクスカーション、持ち時間が約3時間だったのですが、ガイドのお嬢さんが集合時間を伝え間違えて一部乗客が集まらず、帰りの出発が1時間くらいおしてしまいました。
まあ、ギリシャでは英語がメジャーな言語というわけではないので、単純に単語間違いなんだけれど。
冷えたバスで1時間過ごした乗客からはブーイングの嵐。
お嬢さんは半泣きで謝ってバスの運転手とケンカしだすし・・・。
まあ、特に予定もなくぶらぶらしていた私たちには特に問題もなかったです。

DSC05459.jpg

カタコロンの港はクルージング船用に造成したのかはわかりませんが、船を撮るにはもってこいの港です。
まあ、セントトーマスのフィリップスバーグのような感じというか。
まわりに何もないから、ドーン!と船だけが撮れる素晴らしい港なのです。
この写真は、年賀状用に撮影しました。何度見てもいいねー。
色んな角度からかれこれ1時間以上写真を撮りまくり、熱中症になりかけながら船に戻ったのはいつものこと。
もうあとは終日航海で下船日になるのかーと思うと、相変わらずセンチメンタルな気持ちになるのでした。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/772-ae298539

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。