Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC01421.jpg

最終寄港地は、メキシコのコスタマヤです。
コスタマヤはロアタンと同じようにクルーズ船呼び込むために整備された港なので、ターミナル周辺はお土産屋さんが連なっています。
わざわざ出かけるのも・・・という方はターミナル周辺でうろうろしてみるのも楽しいかもしれませんね。

私たちといえば、この日はCHACCHOBEN遺跡へのエクスカーションに出かけました。
移動は車でだいたい片道1時間くらいでしょうか。
CHACCHOBEN遺跡は発見されてから比較的日が浅いので未だ発掘されていない遺跡もあって、興味ある人には興味があると思いますが、コスタマヤで有名な遺跡はコンフリッチ遺跡のほうだと思います。
ただし、こちらは移動時間が2時間近くかかるらしく、寄港時間に余裕のある時にしか催行されないかと思います。

DSC01388.jpg DSC01397.jpg

同行したガイドさんは、動植物にはとても詳しく、虫や熱帯雨林や動物の説明が聞けて中々充実していました。
また、途中で猿の親子を見かけることもできました。
で、そんなガイドさんはとても愉快な人だったけれど、結構チップにうるさくて、最後に渡す額が少なかったのか露骨に顔に出てましたw

DSC01470_20140120120502d83.jpg

容器のピラミッド?のオリジナル部分。たぶん、ここの遺跡で一番の目玉はここだと思います。
ピラミッドは古いピラミッドの石をリサイクルしたり玉葱状に大きくしていくらしいので、この部分が一番古いらしいです。
日よけの下には、赤い漆喰が残っているらしいのですが、暗くてよく分かりませんでした。

ツアーは、途中でスコールに降られたりもしましたが、遺跡の中を2時間くらい歩きながら、インカの文化とか歴史とかの説明を受けました。
虫よけは持って行けと言われましたが、特に虫に刺されることはありませんでした。
でも、軍隊蟻みたいなのがいたので、持っていくに越したことはありませんね。特にお子さんのいる方は注意。

DSC01340.jpg

港に戻る頃には出港時間が迫っていて、お土産屋さんによる時間がまったくなかったのが残念。
バスの中でガイドさんと運転手さんが「まじでヤバイ!」と焦っていたので結構危なかったんだと思いますw
なお、ターミナルがだだっぴろくて桟橋部分がやけに長いので、無料の青空バスみたいなのが走っています。
足の悪い方や高齢者の方には便利だと思いますよー。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/754-0e549518

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。