Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC04056.jpg 

エストニアはバルト三国のひとつ、旧ソヴィエト連邦領でソヴィエト解体直前に独立した国家です。
そんなわけで、街の造りは旧社会主義国の面影が残っていて、西側のヨーロッパ各国とはちょっと雰囲気の異なる雰囲気がたまりません。
北欧クルーズではメジャーなので訪れることはあると思いますが、ぜひ下船して散策することをお勧めします。
港から旧市街までは徒歩圏内ですし、坂道もそんなにないのでどなたでも観光できる街だと思います。

DSC03942.jpg DSC03966.jpg

城塞都市なので街をぐるっと城壁と塔が囲っています。
この日は、朝方は晴れていたのですが、お昼頃から急に天気が悪化して、帰り際には冷たい大雨で風邪ひきそうになった日でした。北欧なめたらいかんわー。

DSC04007.jpg DSC04014.jpg

こういうロシア正教っぽい建物がめずらしくて何枚も写真を撮ってしまいました。
ここはアレクサンドル・ネフスキー大聖堂ですね。建物修繕中でした。
いきなりの大雨の際に雨宿りさせていただきました。。

DSC04169.jpg DSC04183.jpg

ラエコヤ広場周辺にはたくさんの飲食店や土産屋が集まっています。
私たちも散々ウロウロしていい加減おなかが減ったので、日本人御用達の「olde hansa」(オルデハンザ)へ。
ここは、広場から少し奥に入った所にあるので呼び子さんがいないと分かりにくいかもしれません。でも、案内所で日本人と分かったら、まずここを案内されると思います。
個人的にも、日本語メニューがあって、値段も手ごろで美味しいので、是非お勧めしたいです。

DSC04176.jpg

店は中世をイメージした造りになっていて、照明もローソクのみという徹底ぶり。
なので、めちゃくちゃ暗いです。昼でも奥が見えないくらい暗い。
でも、スタッフは親切だし、味もしっかりしている。メニュー名が独特で、それも楽しかったです。

DSC04180.jpg DSC04182.jpg

スープとジビエと盛り合わせ?頼んでおなかいっぱい。
クリームチーズが美味しいのでついついパンを食べすぎてメインが入らないという失敗を久々にやらかしました。
あと、アルコールで頼んだアクアビット!これは・・・もう・・・。
ほら、DOLで北欧といえばアクアビットじゃないですかー高いのにあんまり回復しないというw
なので、一回どんなもんなかと思って頼んだら・・・度数高すぎ
ただでさえアルコール飲めない私たちは完全にノックアウトというか、もう舐めるしかできなかった。
そんなにお酒につよいひとではなければ、素直に黒ビール頼んでたほうが無難です。

DSC04198.jpg DSC04205.jpg

ここは、たぶん観光用とかいうのではなくて、ほんとに地元の方が礼拝する場所なんだと思われる教会でした。
なので、装飾も質素で特に写真を撮るような感じではなかったのですが、お掃除していたおばあさまに手招きされて、普段は入れないような感じの部屋に入れてもらえました。
でも、キリスト教徒でもない私たちにはよくわからなくて、申し訳程度に写真を撮るしかなくて残念でした。
せめて言葉を話せたらなー・・。

DSC04241_2013101402313908d.jpg

こんな感じでタリン観光は終了。
エストニアはヘタリアでも紹介されていましたがIT大国で、旧市街でも無料wifiがサクサク使えてとても助かりました。
また、街の人もとっても親切。また是非訪れたい国です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/738-957166f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。