Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC03654.jpg DSC03664.jpg

サン・フアンは、アメリカ合衆国プエルトリコ島の一都市です。
港湾都市なので、クルーズ船の他にもコンテナ船がたくさん入港してきます。
港も整備されていてとても大きかったです。

ターミナルからは歩いてオールドシティまで行けますので、ぶらぶらショッピングしたり食事したい人は特にエクスカーションに参加せずとも楽しめそうです。
でも、私たちは、いつものように遠くまで足を延ばして、エルユンケでハイキングするエクスカーションに参加しました。
エルユンケ森林公園は、島の東にある熱帯雨林で、ハイキングが楽しめることで有名みたいです。
メジャーなのは、今回私たちも参加した「Big Tree」と呼ばれるコースで、往復で3キロくらいあるもののようです。

DSC03781.jpg

熱帯雨林というので、どんなに蒸し暑いのかと思っていましたが、思ったより涼しかったです。
公園までの移動途中雨が降っていましたが、到着時には止んでいたのでちょっと温度が下がったのかもしれません。

あと、わたしたちは森なので蚊が怖くて長袖長ズボンで参加しましたが、海外の方はほとんどが半袖もしくはノースリーブでびっくりしました。
みなさん虫よけ対策をきちんとしているのかなぁ。
私たちはうっかり虫よけスプレーを忘れてきていたので、かなりビクビクしていましたが、実際のところ蚊には刺されませんでしたし、姿も見ませんでした。
でも、外務省の注意喚起もでているので、参加を考えている人はきちんと対策してくだいね!

DSC03669.jpg DSC03689.jpg 

ハイキングコースの入口。
ここまではバスで来ます。いろんなコースがあるので、長いコースは別の入り口があるようです。
森のなかは鬱蒼としていて、でもジャングルのような感じでなく、ある程度整備されたハイキングコースが続いています。
途中、休憩できる場所やいくつか滝もありました。

DSC03712.jpg DSC03740.jpg

こちらが、最終地点。折り返し地点になります。
皆さん大はしゃぎで滝に打たれています。
水は生温かかったので、水遊びをしようと思えばできると思います。
でも、石がごろごろして足場は悪いので、水遊びしたい方は、サンダルかマリンシューズ持参した方がいいです。私たちは履き換えのサンダルとか持っていかなかったので、足をつけるだけで終わってしまいました。

DSC03764.jpg DSC03701.jpg 

古い木はこうやって幹の内部が空洞になるようです。
想像以上のハードなハイキング(というよりトレッキングのような気がしますが)だったため、残念ながらどの木がBig Treeなのか分からずじまいでしたが、大木はたくさんありました。

DSC03673.jpg  

姿は見えませんが、鳥の声はしました。写真の説明板はエルユンケタワー(ここにトイレがあります)のものですが。
私は熱帯雨林だとてっきりゴクラクチョウやオニオオハシのような鳥がいるんだとばかり思っていたんですが、現実は違うんですね(そもそもゴクラクチョウはアメリカにはいない)。

DSC03704.jpg

皆さん足腰が丈夫でさっさと歩いて行かれますが、我々は息も絶え絶え。
あまりにも遅いので道を譲ることもしばしばです。
やっと、入口に戻った時は、汗で上着が張りついていました。


約3時間程度で港に戻ってきたときには、あたりは夕暮れ。
黄昏の美しい景色をパシャリ。
お隣のドックにはスタークリッパーらしき船がとまっていました。

DSC03822.jpg

さて、一度部屋へ戻って着替えをして今度はオールドサンファンへ。
この日は出港が夜の11時頃だったので、時間がたっぷりありました。
なので、夜7時くらいからスタートするツアーがあったり、ディナーを地元で食べる人もたくさんいました。

DSC03836.jpg DSC03856.jpg 

暗くなってくると、流石に出歩くのを躊躇しますが、クルーズ船が入港しているとあってか、街中はものすごい数のポリスがいました。
なので、まあおそらく大丈夫だろうとまずは西のモロ要塞へ向かって歩いていきます。
ここでもクリスマスの飾りつけが。

DSC03861.jpg

サンファン門まで歩いてそのまま海沿いを行こうとすると、暗くなっていたので警官に止められました。
うーん・・・もうちょっと歩きたかったのですが、流石にまっくらでほとんど見えなくなってきていたので、サンファン大聖堂~サンフランシスコ通りと折り返してきました。

RIMG0640.jpg DSC03869.jpg

明るいとパステルカラーのきれいな街並みを見ることができたと思うのですが。
かわいらしい猫もいました!

次は、サンクリストバル要塞へ向かって移動。
この時点で歩き始めて1時間以上経っていました。
要塞入り口からさらに西へ歩いて行くと、国会議事堂が見えました。
ただ、体力的にも限界でしたし、先が長そうだったので、ここで散策は終了して船に戻りました。

DSC03888.jpg DSC03885.jpg DSC03892.jpg


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/688-ee364723

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。