Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


さて、いよいよ船はモロッコのタンジールへ到着!初アフリカ大陸です。
前日はジブラルタルからアフリカ大陸を望みましたが、今度はアフリカ大陸側からヨーロッパを眺めます。

モロッコはいわずとしれたイスラム国家なのですが、観光客が多いせいもあってかそれほど服装に厳しくないようでした(特に船からの注意もありませんでしたし)。
ただ、やはりカサブランカが寄航できない時期であったせいなのか、それとも元々治安がよくないのかは分かりませんが、パスポートは置いていけ、という指示はありました。
そのかわり、イミグレーションチケットみたいなのを手渡され、現地ではこれをみせろと言われました。

P1040134.jpg


そして、タグボードに乗って初アフリカ大陸に上陸したわけではありますが、とにかく活気があって騒がしい。
まさにガヤガヤといった喧騒でした。
なんか数日後にモロッコの王子かなんかのパレードがあるらしく、看板が主要道路にすらっと並んでいました。

実は、この旅行中でタンジールでの写真は実に少ない。
なぜかというと、国の軍事施設や王族の施設を撮影すると軍人につかまるというので怖くてほとんど撮影できなかったから。
エクスカーションはほとんどバスでの移動で、たまにちょこっと撮影ポイントやスークで下車という形だったのでほんとに数枚しか撮れませんでした。


SANY1916.jpg

これはエスパルテル岬の灯台です。
このちょうど向かいくらいがジブラルタルなので、前日と立っている方向がちょうど入れ違った感じ。
この日もとてもきれいな青空がひろがったいいお天気でしたので、写真映りはとてもきれいです。


SANY1907.jpg

荒野にこつぜんと現れた建設中の建物。
サッカー場かなぁ・・といった感じですが。そういや2010年のワールドカップがアフリカで開催されるにあたって、たしかモロッコが立候補していたのでその関係かもしれません。


SANY1950.jpg

港街でとった写真。伝統的な豪族の扉はこのような緑色らしいです。
と、いってもここは博物館の一角でしたので、今では見られないのかもしれませんが。
詳しい文化や風習について詳しい説明がなかったので、また調べておきます。

スークは思ったより恐ろしい場所ではありませんでしたが、子供がそばを通るたびにドキドキしました。
でも、イタリアと違って興味本位で近づいてくる感じでしたので、それほど治安が悪いわけではないと思いますが・・。
スークでは銀細工がお手ごろ価格で売ってましたので、余裕のある人はゆっくりまわるといいお買い物ができるかもしれません。
モロッコ人は怒鳴るようにして話すのが普通の会話なので、怒鳴りながら交渉するといいかもしれません。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/503-3b3b7466

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。