Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

10日目はイギリス領ジブラルタルへ。
ジブラルタルはイギリスの外部領土、昔の香港とかアメリカ領のグアムとかと同じです。
スペインも領土を主張していますが、位置・軍事的に重要な拠点なのでイギリスも譲りません。
詳しい歴史や説明は割愛しますが、とにかくイギリス領土なので公式通貨はジブラルタルポンド、国歌は「女王陛下万歳」です。
イベリア半島の南端で、ジブラルタル海峡をはさんだ対岸はアフリカ大陸のモロッコです。

jibu.jpg

これが、ジブラルタルロックです。奥にうっすら見えているのがアフリカ大陸。
この日もとても天気がよくて(上陸前は雨もぱらついていたんですが)、写真撮るには絶好の日でした。

jibu2.jpg

海から見たジブラルタルロックの前景はこんな感じ↑

ジブラルタルロックと洞窟というエクスカーションがお昼からだったので、午前中少しだけ街をぶらぶらとしました。
気温は5月の割には日差しが強いせいか暑かったです。
街はヨーロッパの普通の都会的な町並みです。
お土産とか特に目玉になるものもないし、観光客目当ての店が少ないかんじでした。
ただ、マンション建築があちこちでされていたので好景気なのかなー。

jibu3.jpg


jibu4.jpg

聖ミカエル洞窟の中はホールとしても使用できるみたいで、に客席が設けられていました。
観光客だらけなので洞窟の保存状態はあまりよくありませんが、独特のひんやり感と空気を楽しむことができます。

jibu5.jpg

ジブラルタルロックには野生のサルがいます、と聞いていましたがエサやる場所みたいなところがあったし、人間見ても逃げる様子がありません。
生ごみみたいなエサを食べていましたが、そのうち、食べ物みつけたら人間襲う日光の猿みたいになるんじゃないかなと心配です。

jibi6.jpg

ジブラルタル空港と、スペインの街並みです。
空港の少し奥が国境になっているのですが、滑走路の真ん中を道路が走っています。
道路と滑走の平面交差をしているため、飛行機の離着陸時は踏み切りが下りるそうです。
一度体験してみたいものです。


こんな感じでエクスカーション終了。
次はジブラルタルの向かい、アフリカ大陸のモロッコです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/489-7e3da455