Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アムステルダムから、次は終日航海はさんでフランスはラ・ロッシェルへ移動。
なんで、5日目は1日船内で過ごしました。
船内っていっても広いし、遊ぶとこ(カジノとか)あるし、ジムもあるので1日いてもちっとも飽きません。
といっても、二人ともこれまでの疲れがたまっていたのでほぼ半日寝ておりましたが・・。
しかも、この日は波が高くて船が大揺れ。さすがに気分悪くなりました。
他の方に聞いたら、北海からの移動は海流の関係で多少揺れるけれど、アジアに比べたら全然ですよって。
シーソー乗ってるような感覚がしばらく続いて、これが次の日陸にあがったときにさらに気分が悪くなる原因に。。
でも、まあたまには揺れないと船に乗ってる気分しませんけれどね。

P1030905.jpg

そんなわけで、6日目ラ・ロッシェルでは船酔いもとい陸酔いしてしまっておりました。
天気は朝小雨降ってて天気は曇りでしたが、昼ごろになるとだいぶ落ち着いて傘の必要はありませんでした。
入港時に、地元のテレビやら新聞やらが取材に来ていたのと、ブラスバンドの方が歓迎の演奏してくれたのが印象的でした。
街中にもミレミアム歓迎のポスターが貼ってあり、二人で記念にポスターほしいなーと言い合ってましたが、言葉が通じないため断念。
やっぱりそれなりに金をもった2000人の観光客が街を訪れるっていうのは、街としては大歓迎なんでしょうね。


P1030890.jpg

ロシュフォールは港の要塞都市として有名で、シェーヌ塔とサン・ニコラ塔が街のシンボルです。
中世の建築物が多く、親切な人が多いのんびりとした街なので、ちょっと散策するにはもってこいです。
でも、なかなか普通に旅行する分には訪れる機会のない街だとおもいますが・・。
言葉は観光客向けの店じゃないとほとんど英語が通じません。
ぶらぶらして地元の店でお土産買いましたが、フランス語オンリーでえらく苦労しました。

なんんだかんだといいながら、オムレットやトースターを外のカフェで食べましたがおいしかったです。
フランスだなーという感じを味あわせてもらった1日でした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/471-4a1aca0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。