Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回は電車乗ったところまで。
えらく長い前フリですが、ここが今回の旅で一番困ったところなので。
つまんなかったら読み飛ばしてください。

で。
とりあえず、電車に乗って定刻に出発。
出発から30分。
外に広がるのはおそらくのどかな田園風景なんだろうけれど、季節は冬のため一面の銀世界。

「絵本の世界だなー。」などと言い合って、相方とガイドブック片手にのんびりしていたのですが、ある文章見つけて凍りつきました。

『当日券を窓口で買った場合、必ず刻印が必要となります。刻印がない場合、罰金が課せられますので注意しましょう。』

!!!???
やべーよ、そんなもんやってねーよ!
停車していた駅で慌てて下車しようとしたが間に合わず。
スイスでは車掌さんが車内の見回りにくるのでその際切符を確認します。

「ただでさえスイスは物価高いのに、罰金なんていくらになるんだ!?」
「違反金50SF.?1SF.=90円として二人で9000円?安いな!?」
「逮捕とかなったらどうすんだよ!言葉通じねーよ!」
「逮捕!?」

再びパニック状態。
いつ車掌がくるやらでどこからどうみても挙動不審になってました。
そして、結論。

「これは、トイレに隠れるしかないな。」

今から思い出すと爆笑するしかないのですが、このときは本気で考えていました。
そんなとき、前から車掌らしい女性が歩いてきたものだから慌てて荷物もって二人してトイレに入ろうとしたら、いきなりトイレの前にいたおじさんが、

"Hello. XXXXX Ticket, please?"

ぎゃーーーーーーー!!!!お前が車掌か!!!
完全に不意をつかれました。
もう何言ったか覚えてないけれど、なんかベルン行きたいだのバーゼルからきただのと言ってたような気がする。
でも、おじさんは強い口調で、

"OK. Ticket please."

もう逃げれないと観念して、仕方なく相方せっついて切符を差し出しました。
そうしたら、

"Perfect!"

は?と二人が突っ立ってると、おじさんニコニコして「あと20分ちょっとで着くからね。よい旅を!」と隣の車両へ。


それから、抱き合って喜ぶ二人を乗せた電車は定刻にベルンに到着。
二人は十分すぎるほどベルン観光を満喫して、帰りは無事に帰ってこれました。
トイレに隠れてたらそれこそ逮捕というか厳重注意されてたかも。
ちなみに、切符で刻印のいるタイプは縦長の往復切符らしいです。
また、周遊キップは必ず窓口でスタンプもらわないとだめだとか。
そして、違反金はよほどひどい場合であって、ほとんどはちょっと怒られるだけみたいです。

でも、一番大切なのは何事も事前にきちんと調べておいたほうがいいってことです。
間違ってもトイレに逃げ込まないようにw
参考サイトはここ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jirior.blog1.fc2.com/tb.php/269-9b031e76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。