Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC06692.jpg

朝起きたら結構青空が広がっていて、今日は観光日和になるかな~と思っていたら、お昼前から一気に天気が崩れてきました。
シンガポールはこの時期あまり天気はよくないと聞いていましたが、帰国時も天気が悪くて、やはり晴れた写真を撮るには春秋ということでしょうか。
チェックアウトは12時と聞いていましたが、当日の予定は植物園(ガーデンズbyザベイ)&ベイサンズを訪れてから乗船というプランであったため、とりあえず荷物だけ預かってもらうことにしてお出かけ。

ランチはシティホールの地下モールにあるディンタイフォン(鼎泰豐)へ。
11時前と比較的早かったこともあり、あまり並ばずに席に着くことができました。
でも、シンガポールでもやはり大人気のようで、1時間もすると大行列ができていました。まあ、外れがないですからね。
他にも、タイ料理やベトナム料理、あと、日本の大阪王将やワタミもあったので、ご飯には困らないんじゃないでしょうか。

ご飯を食べたら、サンズへ向かうためにMRT乗ってベイエリアへ。
この移動なんですが、後から考えれば色々と無駄なことをしていました。
おかげで、乗船前に大変なことになったんですが、それは後々書くとして・・・。
とにかく、シティーホール→マリーナベイ→ベイフロントと移動して、ベイフロントからはベイサンズも植物園も直結しているので徒歩で移動。

DSC06741.jpg

到着してみたら、いつ雨が降ってもおかしくはない天候に。なんとか持ちこたえてくれ~と祈りつつ、まずは植物園へ。
雷注意報のおかげでスカイウェイはクローズしていましたが、下から見てるだけでも十分楽しめます。
ちなみに、スカイウェイは有料です。あと、自由に歩けるわけではなくて、時間区切ってグループで移動らしいので、ずーっと上っていられるものでもないらしい。
スーパーツリーに大はしゃぎして写真撮りまくりましたが、後日訪れた夜の方がどちらかといえば見ごたえがあった。
昼と夜、どちらも楽しめますので、時間がある方はぜひ両方訪れてください。

DSC06750.jpg  DSC06916.jpg

外の植物園自体は入場料フリーなんですが、このクラウドフォレストとフラワーガーデンは有料となります。
ドームの外にチケット売り場があるので、そこでチケット購入してください。
個人的には、フラワーガーデンもよかったけれど、なんといってもクラウドフォレスト!!これが素晴らしかった。
まずは、入ってすぐにどーーーーんっと現れるこの滝。圧倒されます。
あと、ドーム内はかなり涼しいので、暑さに疲れてしまった時は避難所としても使えます。

DSC06873.jpg

まるでラピュタです。

ラピュタで温室の植物が森になっているシーンがあるじゃないですか。
まさに、あの感じです。たぶん、ここが廃墟になったら本当にあのシーンのようになるかも知れませんね。
ここは、主にシダ植物が中心ですが、植物の成育環境と建物の高さがリンクしています。
そのため、低層に生育しているものと、高層に生育しているものとは根本的に異なる環境の植物だといえます。
こういう展示方法は初めてで、かなり興味深いものがありました。
また、移動手段は、上るときはエレベーターですが、下りは遊歩道歩きながら降りてきます。
足元スカスカの鉄板を歩くので、高所恐怖症の人は無理ですが。
でも、本当にここはシンガポールを訪れたら必ず立ち寄って損はないと思います。

2つのドームを堪能した後、ベイカーズインでケーキと、スーパーツリーダイニングのヒルストリート・コーヒーショップで軽食とって、ついでにカヤジャム購入して次はベイサンズへ移動。
ちなみに、どちらのお店も安心して食事できるし、美味しいしでおススメです。

DSC06962.jpg

ベイサンズの展望台からの眺め。
プールはこんな感じで見えます。写真はかなり望遠かけている状態で、近づくことは物理的に無理になっています。
まあ、プールはまた次にサンズに宿泊した際の楽しみに取っておくとして。

PC280126.jpg

ガーデンズbyザベイを上空から眺めるとこんな感じ。
たぶん、夕方~夜のライトアップされ始めの頃が最もきれいに見えるのではないでしょうか。
展望台での注意は、とにかく風が強いこと、あと座る場所がないことです。
スナックや飲み物は販売していますが、座りたいならお店予約するしかありません。

ところで、この時点で時間は4時半くらい。
ここから、ホテルへ戻って荷物引き取って港へ移動→乗船となるのですが、出港は10時、最終乗船リミットは8時。
なので、時間的にはまだ余裕があると思っていました。この時点では。

ところが、まず帰りのMRTでトラブル発生。券売機が混み過ぎて切符買うのに20分。
まず、ここで手間取り、次にホテルから港に向かう際にまた相方がやらかした。
MRTに乗るための移動で迷子になりました。
本当に相方は方向音痴なのです・・・10年以上住んでいてもまだ家の近所で迷っているくらいなのです。
おかげで、随分と時間をロスし、乗船カウンターはほぼクローズし、客は他に1組とほとんど見当たらず、本当に最終乗船リミットぎりぎりに到着することになりました。
でかいスーツケース引っ張りながら、髪を振り乱しての移動はまさに鬼気迫るものがあったことでしょうww
久々に命の危機を感じるような運動をしました。
スポンサーサイト
DSC06529.jpg

軽く軽食を食べて、午後から動物園へ。
この頃になると気温がどんどんあがって汗だくに。とにかく東南アジアは蒸し暑いのがツライ。
ちなみに、気になる蚊ですが、私たちはせっかく日本からベーブ持ってきたのにホテルに忘れてきてしまったので、現地でタイガーバームの蚊よけパッチを購入。
ユーカリの激臭を放ちながら歩いていましたので、そのおかげか蚊に食われることはありませんでした。
無防備状態でも大したことはないのかも知れませんが、マラリアやデング熱の流行地なので気を付けることに超したことはありません。

DSC06454.jpg

1日で何回か行われるショーです。
結構お客さんが入っていますが、ニシキヘビのパフォーマンスがあるので爬虫類苦手な方は避けた方がいいかも。
ちなみに、動物への餌やりですが、1日2~3回ほどパフォーマンスも兼ねて公開しています。
特に朝一の餌やりは動物が活発に動くのでおススメと聞きました。(お昼の餌やりは結構寝てて動かない動物も多い)

DSC06578.jpg DSC06610.jpg

あと、園内はリバーサファリと比べてかなり広いです。
なので、おそらく効率的に回っても全部回るには3時間はみたほうがよいです。(動物にまったく興味がないって人は別ですが。)
あとは、餌やりの時間とか考えると、結局ナイトサファリ開園ぎりぎりまで園内で過ごすことになるかと思いますが、食事場所を含めて圧倒的に休憩スペースが少ないのでご注意を。
足が棒になるというより、足腰痛めるくらい身体を酷使することになりますw
どうしても休憩したい!というときは、ゲート外にカフェスペースがあるので、いったん手にスタンプ押してもらってゲート外で休憩するという手もあります。

DSC06648.jpg

ナイトサファリが6時開園なので、お隣へ移動。
ちなみに、サファリ内の食事スペースがそれほどないのと、開園後一気に人が押し寄せるので早めに食事は確保した方がよいです。
あと、日本語ツアーは有料ですが、英語わからんって人はぜひ予約を。なぜなら、かなり暗いなかをバスは進むので説明がないとなんの動物なのかさっぱり分からないw
あと、人気の時間はどんどん売れてしまうので、早く押さえなければどんどんと遅い時間になってしまいます。
ナイトサファリに行く方は事前準備を念入りにしてくださいね。

DSC06657.jpg

食事をしていたら、ものすごいスコール。
ツアー中止なるんじゃないかと心配していましたが、1時間ほどでなんとか小康状態に。
足元はかなり悪かったですが、なんとか無事出発できました。
ちなみに、暗過ぎてツアーバスから写真を撮ることはほぼ不可能なので、どうしてもメモリーを残したい方はビデオ撮影ならなんとか撮れるかもしれません。
あと、バスの速度もアマゾンクエストと同じく恐ろしく早いので瞬き厳禁ですww

DSC06682.jpg

スナドリネコです。泳いで魚をとるめずらしいニャンコ。
ナイトサファリ内はフラッシュ厳禁なので、光源が近くにある動物しか写真撮れません・・・。まあ、気にしない馬鹿な客もたくさんいましたが、動物にはとてもよくないのでご注意を。

ナイトサファリはのんびりしていると帰りの交通手段(特にMRT)がなくなるので、時間をしっかり確認してまわらないといけません。
私たちは、帰りは節約して市内までの観光バスに乗って帰りましたが、シンガポールではタクシーに比較的安心して乗れるし、料金も日本とほとんど変わらないと思いますので、ゆっくりするならタクシーもありかと思います。
ただし、やはり時間が遅くなるとタクシーもつかまらなくなるので、そのあたりは自己責任でどうぞ。
今回のアジアクルーズは、アメリカやヨーロッパに比べて移動時間も乗船日数もコンパクトであったため、その分陸での自由時間も多かったです。
また、なんとJTBのツアー客が500人も乗船していたため、通常ならありえない風景がてんこ盛り。
詳しくは追々書いていくとして、まずは1日目から。

PC270005.jpg

前泊してシンガポールを満喫するため、深夜の大阪を出発し、注目のチャンギ国際空港へ。
このイミグレーションがひどかった。いや、アメリカやイタリアのようなおしゃべりしてるからつっかえてんだよ!というわけではなくて、真面目にお仕事しているから・・・なんですが、とにかく1時間半近くかかった。
どんどん人が流れてくるんだから、いくら早朝とはいえもっとゲートをOPENしてほしかったです。
そんなわけで、イミグレーションをパスした時には、予定よりも30分押し。
1日目の予定は、ホテルへチェックイン→動物園・リバーサファリ・ナイトサファリとかなりの強行軍だったので、1分も無駄にできません。

DSC06704.jpg DSC06203.jpg

ホテルはフェアモントシンガポール。
MRT(地下鉄)のシティーホール直結の非常に便利なホテルです。
また、ラグジュアリーホテルの割にスタッフは気さくで、室料もお手頃です。個人的におススメしたいホテルです。
ちなみに、年末年始のベイサンズは最低料金が1泊9万円と目が飛び出るお値段でした。

ホテルへは空港から節約してMRTで移動。
シティーホールまでは約40分、そこからホテルまで5分ちょっとかかります。
ただし、でかいスーツケースは色々と邪魔なので時間に余裕を持って移動した方がよいです。(構内で段差があって不便なところもありました。)
ホテル到着が8時過ぎくらいだったので、流石に部屋は使えないかなーと思っていたら、チェックインの後普通に用意してもらえました。
ただし、予約時にリクエストしていたベイサンズ側ではなく、北棟のラッフルズ側だったので、サンズはまったく見えず。
そのかわり、部屋はワンランクアップグレードしてもらえました。


そして、とりあえず荷物を置いて、スソテルホテル前でタクシーを拾って20分くらいで動物園&リバーサファリへ到着。
9時開園だったので人は少なかったですが、お昼に近くなるとごったがえしていたので、お目当てのある人は早めに入園した方がよいです。

DSC06259.jpg DSC06256.jpg

リバーサファリのパンダ館?
室内はパンダ用に温度調節されているので、ひんやりと涼しい。
パンダは大人気なのですが、流石開園直後とあって余裕で写真撮れました。
朝は餌のお時間なので、笹をムシャムシャ食べているカイカイとジャージャーに会えますよ!

DSC06287.jpg DSC06315.jpg

こちらは、リバーサファリのボートクルーズ。
この予約時間が9時半だったので、急いでやって来なければいけなかったのです。
このボートクルーズ、クルーズといっても遊覧船に乗って貯水池を周遊するだけです。
ただ、動物園が隣にあるため、ゾウやサイやキリンといった動物の食事風景や鳥類の飛来などを見ることはできます。
歩いて足が疲れた~という時にのんびり座って川面を眺めるとよいかも。

DSC06403.jpg

こちらは、アマゾンリバークエスト。
ちなみに、これは入園料とは「別料金」です。お気を付けください。
乗ってみたい!と思った方は、先に入園ゲートでチケット購入するか、いったんゲートに戻ってチケット購入してからでないと乗れません。
結構人気のアトラクション?のようで大勢の人が待っていました。そして、いよいよ出発すると、ジェットコースターみたいなボートに乗って、ものすっごい速さで動物たちを見ていきます。
いや、ほんとのんびり見る暇はありません。瞬きしてたら通り過ぎてしまいますww
そして、アマゾンリバーの目玉はなんといってもジャガー!!かっこいいです!
ジャガーだけはガラス越しになりますが、運がよければ近づいてきてくれるかもしれません。写真は絶望的ですがw

DSC06361.jpg

ママパンダキッチンのラテアート。えらく調理に時間かかるなーと思っていたら、あらかわいい。
そこそこのお値段はしますが、TDLだってそんなものなので気になりません。
リバーサファリはそれほど大きくはないので、2時間もあれば十分に回れると思います。
そのため、午前中にリバーサファリ、午後に動物園、そしてナイトサファリと回ると、1日で3PARK遊びつくせます。
あとは、チケットはできればネットで事前購入したほうがよいです。入園直後でも結構人が並んでいましたので、午後になるとさもありなんという感じです。
2パークもしくは3パークセットになっているお得なものもありますので、そのあたりはお好きに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。