Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC05735.jpg

明日はいよいよ下船日。
と、いうことでめいいっぱい終日航海日を楽しもうとこの日は色々と詰め込んで遊んでみました。
ちなみに、写真の空はお気に入りのひとつ。
クルーズしていると、こうやって大海原の天使の階段が普通に見えるのが醍醐味でしょうね。

DSC05635.jpg DSC05647.jpg

インドア派の私たちがめずらしくローンクラブで日光浴。
せっかくなので、芝生で寝転んで軽食つまんで~とのんびりと過ごしてみました。
でも、やっぱり海外の人たちのように直射日光は無理!
しっかし、久々に芝生を裸足で歩きました。なんだか懐かしかったー。

DSC02888.jpg

次は、船に乗って初めてスパで施術してもらいました。
「だって、お高いんでしょう?」と、いうことで、今までプールやサウナばかりでマッサージはスルーしてきたのですが、今回は船内クレジット300ドル付きという超お得なプランだったので、思い切ってスパでこれを使い切ってみました。
ちなみに、二人でマッサージ受けるコース約50分で286ドルくらい。
まず、施術前に簡単な質問でマッサージするポイントと持病の確認、それから着替えて施術室へ。
ちなみに、わたしたちは水着の上にバスローブを着て行ったのですが、部屋に着いたら水着の上は外してベッドの上にうつ伏せになりました。
ちなみに、施術中は静かなので鼾なんかかくとすぐに聞こえちゃいます。
あと、「あ、そこがいい。」とか、「もっと強く。」とかあんまり言える雰囲気じゃなかったです。
気持ちよかったからいいのですが、自分で色々指定したければ事前に伝えておいた方がよいかもしれません。

DSC05786.jpg

最後に、施術終了後はおきまりの使用商品についてのセールスタイムがあります。
私は結構気に入ったので2点購入しましたが、買わないのならばはっきりと意思表示をしないとどんどん押されてしまうので注意してください。
なお、商品について熱心に紹介してもらえるので、その時は購入しなくても後からお店で購入してもOKです。

DSC05669.jpg DSC05672.jpg

スパの後は、あまーいジェラートでしっかり糖分補給w
これは、クーポンで無料で食べられる1スプーンですが、有料のものはもっとビッグサイズですよ。
あとは、依然と同じくカフェ・アルバッジョでカフェフラペチーノとケーキつまみつつ、夕食までのんびりと過ごしました。

DSC05904.jpg

色々していたらあっという間に夜になり、次の日はいよいよ下船ってことで、慌てて荷造りしました。
今回は準備が遅かったせいで夜中の撮影ショーは敢行できませんでしたが、明るいうちに写真を撮りまくったおかげで、いつも通り1500枚近くの写真を撮っていました。
これを家に帰ってから写真に起こすのがまた楽しい作業なんですけれどね。
スポンサーサイト
DSC05402.jpg

今回で2度目のカタコロン入港です。
前回はオリンピア遺跡に行って夏は無理だと確信したのと、今回は遺跡よりビーチに行きたかったこともあり、コーロータスビーチ(Kouroutas Beach)までのシャトルバスに申し込みしました。
ここはカタコロンでは有名なビーチらしく、ビーチ施設は充実していました。
と、いっても海水浴場化しているので、純粋にビーチの美しさという点では及打点といったところ。
水に入るというよりは、青い海を眺めている分には素敵な場所です。

DSC05344.jpg

とりあえず、海に入りましたが長時間使っているとやはり体が冷える。
あと、海水浴場なので魚は見かけませんでした。
カリブ海といっしょにしちゃいけませんねw
砂はまあ、普通の茶色い砂です。それほど細かい砂ではないので、足についても払えば落ちてくれます。
海の家もといビーチバーもあるので、アルコールや軽食つまみつつ海を眺めているのもいいかもしれません。

そういえば、この日もちょっとしたトラブルが。
このエクスカーション、持ち時間が約3時間だったのですが、ガイドのお嬢さんが集合時間を伝え間違えて一部乗客が集まらず、帰りの出発が1時間くらいおしてしまいました。
まあ、ギリシャでは英語がメジャーな言語というわけではないので、単純に単語間違いなんだけれど。
冷えたバスで1時間過ごした乗客からはブーイングの嵐。
お嬢さんは半泣きで謝ってバスの運転手とケンカしだすし・・・。
まあ、特に予定もなくぶらぶらしていた私たちには特に問題もなかったです。

DSC05459.jpg

カタコロンの港はクルージング船用に造成したのかはわかりませんが、船を撮るにはもってこいの港です。
まあ、セントトーマスのフィリップスバーグのような感じというか。
まわりに何もないから、ドーン!と船だけが撮れる素晴らしい港なのです。
この写真は、年賀状用に撮影しました。何度見てもいいねー。
色んな角度からかれこれ1時間以上写真を撮りまくり、熱中症になりかけながら船に戻ったのはいつものこと。
もうあとは終日航海で下船日になるのかーと思うと、相変わらずセンチメンタルな気持ちになるのでした。

DSC05063.jpg

6日目はピレウス港に入港してのアテネ観光でした。
海からアテネの市街までは距離があるので自力での観光は無理かなーと思って、この日は市内見学付きのシャトルバス券を購入しました。
しかし、これが後から考えるとびっくりのお値段。
でも、最近はガチガチのエクスカーションよりも、自由に動ける方が性にあってきたので仕方がない。

オリンピックスタジアム前に一時停車した後、アクロポリス近くで下車して自由時間。
自由時間は約3時間です。
とりあえず、定番のパルテノン神殿→新アクロポリス博物館、時間が余れば国立考古学博物館へ寄ることを考えていましたが、正直お昼ご飯の時間を考えればアクロポリス周辺での移動が限界でした。

DSC04922.jpg DSC04901.jpg

この日も、びっくりするくらい天気がよくて、ぶっ倒れそうになりながら歩きました。
ちなみに、パルテノン神殿への入場は結構並びます。この日は40分近く並びました。
しかも、チケット高い。ゼウス神殿など他の遺跡との共通チケットはお得といえばお得ですが、クルーズでの短時間観光には向いていません。
なお、歩きまわりたくない方は、緩い坂道歩きながらディオニソス劇場等の古代遺跡を横目に見つつアクロポリス神殿にだけ入場することもできます。
登りに劇場や音楽堂歩くコース選択した場合は、結構な運動量を覚悟してくださいね!

DSC05013.jpg

現在、神殿は修復中なのでどうしてもクレーンや足場が残っています。
特に、入口正面からはあまりいい写真が撮れない。
でも、裏側(展望台がある方向)からは場所によっては綺麗に撮れる。

DSC05032.jpg

灼熱炎天下でよくこれだけの人がやってくるなーと思いながら、とりあえずぐるっとまわって写真に収めました。
個人的にはもっと、ニケ神殿を撮りたかったんですが、なかなか近付けず撮れませんでした。
でも、まあ天気がよくてよかった!

DSC05104.jpg

とにかく暑かったのと、あまり時間がなかったため、国立考古学博物館は諦めて新アクロポリス博物館へ。
ここは、2009年と比較的新しく建てられた博物館であるため、とにかくきれいで展示の方法がユニーク。
「THE・博物館」といった博物館も好きですが、この博物館は子供から大人まで楽しめる素晴らしい博物館だと思いました。
ただし、チケットの購入に並ぶwまあ、館内は涼しいからいいんだけれど。

DSC05080.jpg

館内の写真撮影は、色々言われていますが正直分かりません。
階段を上った2階の正面フロア反対側に「エレクティオンの少女像」があるのですが、このあたりはおそらく撮影OK。
館内にはいたるところに警備員およびスタッフがいましたが、ここでの撮影で注意されていた人はいませんでした。
でも、ニケ像の近くで写真撮ろうとした人は怒られていました。近づきすぎてたからかもしれませんが。

3Fフロアはパルテノンギャラリーで大型の遺跡の展示物から修復後のものまで並んでいます。
圧巻なのは、巨大なガラス壁越しにパルテノン神殿の景色が見えること。
こういう展示方法はとても面白いと思いました。

DSC05084.jpg DSC05082.jpg

なお、2Fフロアはレストランやお土産売り場です。
ここのレストランは、手ごろな値段のうえに量も日本人向けなのでおススメ。
今回の旅でお気に入りとなったギリシャコーヒーとギリシャサンド、あとパスタを注文しました。
殺人的な暑ささえなければ、外のテラスで神殿見ながら食事するのもよいと思います。

食事とっていたら他の観光する時間がなくなってしまったので、帰りにヨーグルトアイス買って帰りました。
ぼったくり料金だったけれど、美味しかったからヨシ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。