Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
海外旅行好きの皆さんはだいたいお分かりいただけるかなぁと思いますが、日本のトイレは世界一です。
海外では無料で安全で清潔なトイレってなかなかお目にかかれない。
だいたい、「えぇ!?これ使えるの?」ってな具合だったり、「これは座ると病気なる・・・。」と、げんなりしてしまうシーンが多いのですが。

これまでの旅行で困ったシーンNO.1は、やっぱりトイレ探し。
まず、公衆トイレがない。あっても、「せまい、汚い、鍵がかからない(もしくは壊れる)」は当たり前。

1.ある旅行・・・・イタリアにて。
クルーズでチビタベッキア→ローマ間の移動はだいたいがバスなのですが、その際につかうPAのトイレはとにかく狭い!便座に座ると膝がドアにぶち当たるんですが。

2.ある旅行・・・スペインにて。
鍵をかけて便座へ腰かけると・・・、ガチャリ!→「Sorry!」鍵の意味ないんですけど。
あと、イタリアもそうですが、これまでの経験でほぼトイレに閉じ込められる

3.ある旅行・・・チュニジアにて。
博物館のトイレで無料かな?と思って入ってみると、おそうじの「おばさん」が無料って言う。
で、トイレから出てきたら「おじさん」がいてびっくり。女性トイレです。
にっこり笑って出て行こうとすると、「KEEP CLEAN!」って。要するに掃除するから金出せってことなんですよね。でも、なんでおじさんが。。。

4.ある旅行・・・トルコにて。
アラブ文化では日本とは違うウッシュレットがメジャーなようで、だいたいのトイレにはホースがある。
何をするって、紙で拭くのではなくてそのホースで洗うんですよ。なので、床は水浸し。
一度、隣の個室の水が降ってきた時は何事かと思いました。あれ、意外と水圧高いので注意。
ちなみに、場所によっちゃ紙をゴミ箱に捨ててトイレに流してはいけないところがあるので、流してしまうとトイレが詰まってえらい目に遭います。

他にも挙げるとキリがありませんが、まあ舐めちゃいけません。
別に潔癖でもなんでもありませんが、ほんと、トイレに関しては日本一拓。
最近は海外のホテルのお風呂とか洗面も怖くて使えなくなってしまって重症だなーと思います。

スポンサーサイト
NYは10月にもかかわらず大雪で交通網がストップして大変らしいです。
来月我々は無事にFLLに到着できるのでしょうか。マジで心配なってきました。

とりあえず、今回もてんやわんやの大騒動でしたが、なんとか旅行の目処がたちました。
私たちは毎回飛行機関係でトラブって旅行行く前にぐったりしてしまうのですが、今回も然り。
だいたい直前まで仕事の都合がつかないのでバタバタしてしまうのですが、今回はいつも利用している代理店さんを信用せずに動いてしまったのでチケットがダブルブッキングされてしまって取り消しされたという最悪の事態に。
まあ、なんとかほぼ同額の値段で取り直しできましたが・・・もったいない。

往路は、伊丹→成田→シカゴ→フォートローダーデール(AA)
復路は、フォートローダーデール→ダラス→成田→伊丹(AA)

シカゴっていつも雪で遅れているイメージがあるのですが、大丈夫なのかなぁ。
とりあえず、問題はシカゴでストップしたときの対応と、復路のダラス乗換時間。1時間半ないんですよ、大丈夫か?
あと、帰りのFLL出発が6時とかwホテル出るの4時ですよ。寝るのやめようかな。

クルーズ自体は多少ばたばたしてもまあ何とかなるでしょうが、飛行機ばかりは・・・。
1番困るのはシカゴで足止めくらって次の日船に乗れなくなること。それだけは勘弁して。。
まあ、色々不安な材料はありますが、なんとか頑張ってみます。
ちなみに、今回もダイニングはOPシーティング!ロマンチックシートの確保しなきゃなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。