Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMG_1674.jpg

5日目はギリシャのサントリーニ島への寄航ですが、その前に前日の夜ちょっとしたハプニングが。
なんと、急病人が出たということでクシャダシを出航して5時間くらい?でまたクシャダシへ。
どうやら、トルコで食べた料理にあたったらしい。
うーん・・今回はあんまり気にしてなかったけれど、やっぱり気をつけねば。
そんなわけで、夜のクシャダシ港。なんかシンボルがあれば分かるものの・・・暗いとまったく分かりませんね。
そんな感じで、夜はふけて・・・

IMG_1685.jpg IMG_1686.jpg

幻のアトランティス大陸を望むサントリーニへ到着です。
かつて海底火山の大噴火で島の一部が陥没&吹き飛んで現在の三日月形になったといわれるサントリーニ島(ティラ島)。
その名残か、ものすごい断崖絶壁。剥き肌の地層が見事でした。
現在も活発な火山活動をおこなうカメニ島へのエクスカーションは体力のある方にはオススメらしいです(むしろ体力のない人には無理らしい)。
また、サントリーニは港が小さいので大型船は接岸できません。よって、例にもれずタグボードで上陸。
あのヴェネチアで一緒だったMSCポエジアともまたお会いしました。

IMG_1732.jpg IMG_1736.jpg

港からフィラの町へはロープウェイかロバか徒歩で登ることができます。
歩きだと下るだけでも30分かかったので上りはそれ以上の時間がかかるだろうし、体力的にかなりきついと思います。
ただ、繁忙期はロープウェイの待ち時間が1時間以上かかることもあるので、日焼け対策はしっかりと。

IMG_1746.jpg

フィラの町へ到着。眼下に見下ろす景色はまるでおもちゃ箱。
ロープウェイの入り口付近はお土産屋さんが多いので待ち時間のついでに買い物も楽しめます。
オススメはオリーブ石鹸やリキュール。ピスタチオはイアの町のお店のほうが美味しかったです。
フィラはサントリーニのなかで一番大きな町なので、買い物するならこちらのほうがいいですが、あのよくみかけるサントリーニの景色をみたいならイアへ移動したほうがいいです。全然違う。

IMG_1900.jpg IMG_1822.jpg

そんなわけで、バス移動でイアへ。この景色!まさに絵葉書。
夢にまで見た水色の丸ドームを前にして、思わず感動で放心してしまいました。
写真みていわずもがな、この日も絶好のお天気。
イアは島の北にある小さな町ですが、人気の観光地のためにそれなりに人が多いです。ただ、イアのホテルは1泊4万~するものが多くて尋常じゃないくらい高い。
でも、ハネムーンで奮発される方にはフィラより是非オススメしたいです。ものすごく町がきれいだから。

IMG_1879.jpg IMG_1881.jpg

町の小道も絵になります。ブーゲンビリア?か赤い花がとてもきれいでした。
アクセサリーショップは多いのですが、レストランはホテル内にあるからはほとんど見かけませんでした。
ここで、オススメはピスタチオです。教会の近くの角にあるお店は、つたない英語で交渉してもおまけをつけてくれました。
日本で買うよりも安くておいしいので、お土産だけではなく自分用にも買うといいと思います。

IMG_1969.jpg

サントリーニでも風車はあるんです。
この写真をとったポイントは高台の展望台になっているので、写真撮るのにオススメ。
教会から道なりにまっすぐ進めば見つかります。小さな町なので迷いません。
私たちはお昼には船に戻ったのでわかりませんが、見晴らしがいいので世界3大夕日に数えられる美しい日没もきれいに見えるかもしれません。


イアの観光後フィラへ戻った私たちですが、帰りはロバ道を徒歩で下りました。
が・・・、噂には聞いていましたが、ロバ道だけあってそこかしこに「おとしもの」が。
靴はかなり汚れるので、歩くなら捨ててもいいスニーカーを着用したほうがいいです。
あと、あたたかいと臭いもきついので、苦手な人は素直にロープウェイをつかったほうがいいです。
でも、のんびり海を見下ろしながら下るのもなかなか楽しいですよ(ロバが来ると危ないのでぼーっとはできないけれど)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。