Endorsement

リアル<<<<<猫 &クルーズ&住友不動産のおうち

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日、ジリオールが
はじめはそういえばしてたけれど、使いにくさも特になく手早く用意できるのでかえって重宝しました。
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「ルディ」が書きました。
スポンサーサイト
そういえば、ジリオールが

鏡は洗面台、乗船、あと広めの全身用と3つもあったので、2人で準備しやすかったし、チェックするにも便利でした。
っていってたの。

*このエントリは、ブログペットの「ルディ」が書きました。
船の中は、衣食住その他必要なものはすべてそろっているので、普通に陸のホテルに宿泊するよりも快適でした。
大きさも9万トンあるのでとても広く、最終日まで飽きることはありませんでした。
しいて言えば、船内にいると前後の感覚がなくなるので、集合場所(船尾とか船首とかいう説明される)や、進行方向が分からなくなるのが問題でした。

SANY1847.jpg

荷物はホテルから直接部屋に送り届けられているので、一通りうろうろしてから部屋へ。
ながい廊下に部屋が続いています。
今回、私たちはベランダ付の部屋にしましたが、初心者にはこれが正解。
出航の度に大喜びで写真やビデオをとることができました。

SANY1849.jpg

部屋はおもったより広くて、ダブルサイズ(クイーンかも)のベッドと二人がけのソファーとテーブル、あとはドレッサーにテレビと一通り備わっていました。
お風呂はシャワーのみ。はじめは心配してたけれど、使いにくさも特になく手早く用意できるのでかえって重宝しました。

うれしかったのは、クローゼットがかなり広いことと、鏡が大きいこと。
さすがに、トランクは入りませんでしたが、中身はすべて収納できました。
鏡は洗面台、ドレッサー、あと広めの全身用と3つもあったので、2人で準備しやすかったし、チェックするにも便利でした。

SANY1852.jpg

部屋から眺める海は素晴らしく、時間の感覚も薄く、今から考えるとひどく贅沢な日々でした。
季節が季節だったので、ベランダにでると昼は涼しく夜は寒いという感じでした。
でも、湿度が低いのか潮くささがまったくなくて風も穏やかでした。

こんな感じで、まさにDOLさながらの航路で旅ははじまりました。
さて、朝食をホテルで済ませて9時ごろホテルを出発。
バスでサザンプトン港に向かう。
サザンプトンは、タイタニック号が出航した港として有名ですが、市内観光する余裕がなかったので車窓から見学。
町全体の印象は、古き港街という感じで、観光慣れしていない感じでした。碇?っぽいモニュメントとかがいくつかありました。

港には貨物船やらフェリーやらたくさんの船が停泊していましたが、なかでも(これは個人的な贔屓もはいっていますが)ミレニアム号は遠目から見てもすばらしい船でした。

SANY0575.jpg

乗船手続きは基本的にパスポートの確認と乗船カードの確認、あとは申請書類(クレジットカードの登録等)の確認くらいで、とくに身分は聞かれませんでした。
海外へいくと、だいたいこの身分証明で対応変わってくると思うのですが、欧米は顕著ですよね。
このときほどプロフェッサーになってりゃよかったと思うことはないのですが・・・脱線しました。

20070617033241.jpg

ともかく、無事乗船。
乗船カードの登録で顔写真をスキャンされるのですが、スタッフのおにーさんのつたない日本語に思わず満面の笑み。
おかげで、その後乗船の旅に大笑いした顔写真をで確認されました。
ほんとうは、ジリオールは
前回からそうですがが薄れるくらい期間が開いてしまいましたが、そろそろ旅行体験記でも書いていきます。
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「ルディ」が書きました。
きょうルディはコールみたいなサービスするつもりだった?
そうですがヨーロッパまでアリタが旅する?


*このエントリは、ブログペットの「ルディ」が書きました。
きのう、帰国された。
そりゃジリオールはここまで帰国する?
そりゃきのうルディが、ジリオールが旅したよ♪


*このエントリは、ブログペットの「ルディ」が書きました。
これまでもヨーロッパに行くことは何度かありましたが、このときほど1日が長くかつ飛行時間が長かった旅もありません。
と、いうのも、私たちは案の定荷物の準備がキリギリになってしまって出発前日(当日)ほぼ徹夜だったものですから、日付が遡ると結局1日28時間くらいになっておりました。


使用したのは成田→ミラノ→ヒースローのアリタリア便。
アリタリアがいいのは食事がおいしいこと。

ハネムーナーなんで特別料理が出ました。

P1030763.jpg

P1030764.jpg

この肉がおいしい!
かわいいケーキもうれしかった&おいしかったです。


残念なのはANAやJALとのマイルの互換性がないこと。これは痛い。
それから、飲料を含む機内サービスがほとんどないこと(むしろセルフ)。
さらにコールしても見て見ぬフリ。

でも、もっと残念で腹が立ったのは5/5同コースの復路でした。
アリタリア航空所属の日本人(本人談)だったのですが、サービスが悪い上に注文に逆ギレ。
詳しいことは後で書きますが、本当に最悪でした。


と、まあなんとかかんとかしているうちにロシア上空を越えてEU圏に。
ヒースロー→サザンプトンと場所移動して1泊。
泊まったのはJURYS INNサザンプトン。

P1030778.jpg

近代的な外観&内装でとても過ごしやすかったです。
部屋全体もそうですがバスルームは広いです。
逆に共用スペース(ダイニングとか)は少し狭い感じです。

そして、次回はいよいよ乗船です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。